ビジネスを輝かせるためのヒント

すべての顧客&社員&取引企業が輝くことの出来る「日本で一番大切にされる会社」「社会にとってかけがえのない会社」「地域にとってカッコいい会社」を創造するためのヒント。 さらには、会社にとって、業界にとってかけがえのない営業パ-ソン、社会にとってかけがけのないビジネスパ-ソンになるためのヒントのおすそわけ! そこまでやるか!日本一の販促屋 感動創造館 https://www.kansoukan.com/

マイナスの道路の横にプラスの道路をつくる

茂木健一郎氏(脳科学者)に学ぶビジネスを輝かせるためのヒント・・・

人生をうまくいかせるために大切なことのひとつに、「ネガティブな経験をどう忘れるか」というものがあります。

しかし、忘れる時に間違えてはならないのが、ネガティブな経験をした時に感じる悲しみや恐怖、不安を無理やり抑制する必要はないということです。

ネガティブな感情を思い出しそうになると、それを思い出すまいとして自分を抑えつけてしまうことは、誰にでもあると思います。

しかし、それはあまりお勧めできるものではありません。

なぜ抑制するのがよくないのかというと、悲しみや恐怖、不安といった心の動きは、人間の自然な感情なので、それ自体を避けようとすると、必ずどこかで無理が生じてきて、心身のバランスが崩れて調子を悪くしてしまうからです。

ネガティブな経験をすると、脳の中にはネガティブな経験の回路ができあがります。

そして一度つくられた回路は消えることはありません。

ではどうやってネガティブな経験を忘れることができるのでしょう。

それはネガティブな回路の横に、もうひとつポジティブな回路をつくってあげるしかありません。

イメ-ジとしてはこうです。

ネガティブな経験をすると、脳の中にはマイナス思考の道路がつくられます。

そして事あるごとに、感情という名の車がそのネガティブな思い出の道路を通ることになります。

しかしそれを繰り返し続けると、そのうちマイナス思考の道路はいつもネガティブな感情による渋滞で前に進まなくなります。

そこでその道路の脇に、もう一本別のポジティブな道路をつくってあげるのです。

そしてたまには渋滞してばっかりのネガティブな道路ではなく、空いているポジティブ道路をドライブするのです。

そこで楽しいことや、幸福な思い出を味わうことで快適なドライブができたならば、今度から新しく入ってくる感情という名の車をそちらに誘導してしまえばいいのです。

そうすれば、マイナス思考の道路は取り壊されることはなくても、ほとんど使わないで済ませることができます。

(脳と心の整理術/PHP)

忘れたい記憶を忘れるためには、その記憶に注意を向けずに、他の対象に注意を向けることが大事であると茂木健一郎氏は言います。

この方法もとても有効だと思います。

しかし私は、さらに忘れたい記憶を忘れるためには、その嫌な経験にこちらから進んでどっぷり浸かることも有効なのではないかと思っています。

その嫌な経験は自分にどのようなメッセ-ジを送ってくれているのかと、その経験の声に耳を傾ける努力をすること・・・。

経験からの声を聴くことが出来ればその瞬間、ネガティブ回路はポジティブ回路に切り替わる可能性があります。

私たちは日々、多くのネガティブ回路を大量生産していますが、このネガティブ回路をポジティブ回路にするのも、また、役に立たなくなった不必要な考え方を手放すためにも定期的に心の動きを意識的に観察しメンテナンスすることが必要でしょう。

一番大切なことなのに疎かにされてしまっていること・・・。

この心のメンテナンスを習慣化することが出来れば、仕事関係においても人間関係においても自分の能力を大いに発揮することが出来るでしょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

バラダイムシフト

リコ・ドゥブランク氏(ザ・リッツカ-ルトン東京 総支配人)に学ぶビジネスを輝かせるためのヒント・・・

 

バラダイムシフト

今までの既成概念で、

“ホテルはこうあるべき”

“サ-ビスはこうあるべき”

と言われていることを覆したい。

最初は誰も信じてくれなくても、

それをスタンダ-ドに変えていくのです。

 

コペルニクスガリレオの時代、つまり四○○~五○○年前の話ですが、その当時人々は「地球は平坦である」と考えていました。

だから、船で旅をするときにあまり遠くへ行くと地球の端が滝になっていて、そこから落ちてしまうと信じていました。

しかし、みんながそう信じているところに、コペルニクスガリレオは「いや、違う。地球は丸い」と異論を唱えたのです。

それを聞いた人々は、「そんな馬鹿げた話はない。彼らは頭がおかしい」と口を揃えて言ったといいます。

教会が非常に強い権力を持っていた時代でしたから、教会の主張に抗った彼らは非難され、ひどい扱いを受けました。

しかし時が流れ、いつしか誰もが「地球が丸い」と信じて疑わぬようになり、それが通説となっていきました。

そして、安心して航海できるようになったと同時に、まだ見ぬ“地球の裏”という世界に人々の興味が喚起され、コロンブスの新大陸発見などの功績がもたらされたのです。

これこそがパラダイムシフトです。

今まで誰も想像しなかったようなアイデアをひねり出し、それがいつしか認められ、世界的なスタンダ-ドになっていく。

さらには、それが新たな可能性を生み、チャンスを広げる。

そんなことを、自分の仕事でもしていけないかと常に考えています。

人は、自分でも気が付かないうちに既成概念に縛られ、それを越えることを恐れたり、越えた人を非難したりするものです。

しかし、それを越えないことには、斬新なものを作ることはできませんし、作り手の視野も受け手の視野もそれ以上広がることはありません。

だから、一からものを作り上げるときは、新しい常識を作り出すチャンスですね。

「既成」がないので、自分流のスタンダ-ドを作りやすいのです。

私はこれまでに「10万円のオムレツ」や「一杯180万円のマティ-ニ」など、奇抜で個性的な商品を考え出してきました。

最初は「そんな高い商品は売れっこない」と周囲からは反対されましたね。

ほかの人が考えもしなかったことを考えて、新しい常識をつくっていく。

これも、仕事の醍醐味です。

(情熱仕事力/オ-タパブリケイションズ)

今では笑い話かもしれませんが、以前は皆「地球は平坦である」と考えていた時代がありました。

誰が「地球は平坦である」と言い始めたのかは不明ですが、この考えが既成概念であった時代が確実に存在したことは間違いありません。

世間で言われている既成概念とは往々にして誰かの考えであって自分の考えではありません。

私たちは時に誰かの考えに支配されてしまっていることに気がつかなければならないでしょう。

既成概念を破るとはある意味、自分の考えを持つことでもあります。

時には常識、既成概念を大いに疑ってみることが必要でしょう。

さらにひっくり返してみるというのもいいかもしれません。

仕事においても業界特有の常識、既成概念というものがありますが、これからの時代はこれらをどれだけ打ち破っていくかが問われているような気がします。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

「当たり前」をリセットする

小山薫堂氏(放送作家)に学ぶビジネスを輝かせるためのヒント・・・

イデアの種は、そこらじゅうに落ちていると思います。

だから大事なのは、先入観をいったん捨てて、認識をリセットすることです。

たとえば、ここにヤカンがあるとしますよね。

これをヤカンだと思うのは経験から知っていることです。

じゃあ、もしここに宇宙人がやってきたら、自分は宇宙人にこれを何て説明するだろう。

それがリセットして考えるということです。

知識をゼロに戻すと、きっとまず、「何でこんなかたちになったんだろう。誰がこんなかたちにしたんだろう」と考えますよね。

そして、これがもっといいかたちにならないかと考え始めたとき、ヤカンに、何か新しい価値観を見いだすことができるんじゃないかと思うんです。

「ニュ-デザインパラダイス」という番組の第一回目で横断歩道をとりあげたのも、同じような理由からでした。

横断歩道って、いつも何気なく通り過ぎていたけど、いったい何でこんなかたちなんだろうとあらためて考えた。

そんなふうにして、いろいろなものを一回リセットして考えると、そのもの自体がすごく気になり始めます。

イデアの種は、そういうところにある。

ヤカンとか、横断歩道とか、自分にとって当たり前のものほど、意識的にリセットして考えてみる。

イデアの種を拾うには、そんな心構えが大事なんじゃないでしょうか。

(考えないヒント/幻冬舎

ニュ-デザインパラダイスはもうかなり前に終了してしまっている番組ですが、楽しみにしていた方も多かったのではないでしょうか。

ここでは今一度、その番組の紹介文を引用させていただきたいと思います。

今読んでもとても創造性を刺激され、アイデアに煮詰まっている人にはとても参考になると思います。

 

~引用開始~

 

普段、私たちが日常生活の中で何気なく目にしているもの。例えば・・・、ヤカン、トイレットペ-パ-、醤油さし、ビ-ル瓶、紅茶のティ-バッグ、紙おむつ、ハサミ、ご祝儀袋、シュウマイ、消しゴムつき鉛筆、犬小屋、マカロニ、まな板、冷蔵庫、洗濯機・・・、そのデザインには、それなりのちゃんとした意味があり、進化の理由があります。

しかし、もはや人々には「慣れ」が生じ、そうしたカタチには新鮮味を感じなくなりました。

しかし!もし、地球上に宇宙人がやってきて「ヤカン」を指さし、「これは何?」とたずねられたとき、私たちはどう答えられるでしょうか?

「お湯を沸かす道具がなぜこういう形なのか?」と問われ、即答できるでしょうか?

人類が作り上げた“物のカタチ”の歴史をさかのぼれば、その背景に潜む文化の意味を見つけられます。

「デザイン」を入り口に、人類のさまざまな文化を読み解いていく、まさに新しいスタイルの知的情報番組です。

新しさの核となるのは・・・、デザインの分析→デザインのリセット→デザインの再生。

つまり、既存のデザインを分析した上でそれを一旦白紙に戻し、全く違う観点から新しいデザインを作り上げてしまうのです。

日常に埋もれている身近な物をデザインし直すことで、日常の平凡が新鮮に見えてくること、間違いありません!

 

~引用終了~

 

本当に「当たり前」をリセットしてみるだけで、多くのアイデアのヒントを得ることが出来ます。

また、日常を非日常に変化させる方法も無限にあることを想い出させてくれます。

自分の仕事に関しても「当たり前」をリセットしてみる・・・、このことを習慣にするだけで、仕事が楽しくてたまらないものになることでしょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

患者さんに来てもらう30通りの方法

ダン・S・ケネディ氏(コンサルタント)に学ぶビジネスを輝かせるためのヒント・・・

私は以前、年商300万ドル規模のクリニックを築いたカイロプラクティック専門医を知っていた。

しかも、ひとつではなく3つである!

S先生は最初のクリニックを立ち上げ、それを売り払うと、別の地域へ移った。

そこで別のクリニックを開き、売却した。

まあ、一度の成功ならまぐれ当たりかもしれないが、3つも成功させたからには、秘策があるに違いないと口コミが広がり、何をやってそんなことを可能にしたのかを知りたい医師たちが殺到するようになった。

要望が大変に多かったため、それぞれ3万ドルずつ払って、S先生が自分のやり方を詳しく説明するセミナ-をするようになったのである。

しかし、S先生の成功の真髄は、実際にはシンプルなものだった。

必ずといっていいほど、どの医師もS先生に同じ質問をぶつけた。

「どうしたら、毎月○○人もの新患が来てくれるでしょうか?」

どうしたら今月30人の新患が来てくれるだろうか?

どうすれば50人の新患が来てくれるか?

その数字は違うにせよ、質問はいつも同じだった。

そして、S先生の答えも同じだった。

「私は、30人の新しい患者さんに来てもらうひとつのやり方は知りませんが、一人の新しい患者さんに来てもらう方法を30通りは知っています。

そして私は、その30通りすべてを実行するのです」

(大金持ちをランチに誘え!/東洋経済新報社

ダン・S・ケネディ氏は言います。

「自分のビジネスに新しい顧客が必要なのだとしたら、S先生のように、何か一つのことをするのではなく、10通りも20通りものことをすべきである。

解決すべき問題があるのだったら、可能性のある解決策を一つ実行するのではなく、10も20もやってみることだ」と・・・。

一般的には何か問題が勃発した時、浮かぶ解決策は一つや二つぐらいなのではないでしょうか。

そして、たった一つか二つやってみてダメだったら諦めてしまう・・・。

しかしダン氏は、一つや二つではなく10や20は捻り出して、しかもそれを同時進行で実行しろ!と言います。

このようなエピソ-ドに触れる時、私たちは問題解決の可能性を自ら狭めてしまっていることを痛感します。

問題解決の手法は無限にあることは事実です。

今一度しっかり自覚しておきたいものです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

動きながら準備する

池田貴将氏(アンソニ-・ロビンズ直伝トレ-ナ-)に学ぶビジネスを輝かせるためのヒント・・・

やろう、とひらめく。

そのとき「いまやろう」と腰を上げるか、「そのうちに」といったん忘れるか。

やろうと思ったときに、なにかきっかけとなる行動を起こす。

それができない人は、いつになってもはじめることができない。

むしろ次第に「まだ準備ができていない」という思い込みの方が強くなっていく。

いつの日か、十分な知識、道具、技術、資金、やろうという気力、いけるという予感、やりきれる体力、そのすべてが完璧にそろう時間がくると、信じてしまうのだ。

だがいくら準備をしても、それらが事の成否を決めることはない。

いかに素早く一歩目を踏み出せるか。

いかに多くの問題点に気づけるか。

いかに丁寧に改善できるか。

少しでも成功に近づけるために、できることはその工夫しかない。

よく行動する人は、知識は必要最低限でいいと考える。

なぜなら実際に動く前に、わかることなんてほとんどないと知っているからである。

だからよく失敗する。

だがそれで「順調」だと思っている。

そのように私たちの脳は、自分の行動をうまく正当化するようにつくられている。

小さくても、「一歩を踏み出す」という行為さえ続けていれば、「なぜこれが正しいのか」脳が勝手に理由を集めてくれる。

大切なのは、不安をなくすことではない。

いかに早く、多くの失敗を重ねることができるか。

そして「未来はいくらでも自分の手で生み出すことができる」という自信を、休むことなく生み続けることなのである。

(覚悟の磨き方/サンクチュアリ出版)

私たちは「これだ!」という強烈にやりたいことが見つかっても、いつもそれ以上に言い訳をしてしまいがちです。

「まだ協力者が見つかっていないから・・・」「まだお金が十分でないから・・・」「もっといいアイデアが生まれるかもしれないから」「もっといい方法が見つかるかもしれないから」と・・・。

多くの人は、すべての状況が整ってから、行動しようと考えます。

しかし本当はそうではなく、一歩を踏み出したからこそ、状況が整ってくるようです。

確かに一歩を踏み出そうとすると、恐怖心や羞恥心、不安や怠情が容赦なく襲ってきます。

これらも同様で、恐怖心や羞恥心、不安や怠情がなくなったから、行動出来るようになったのではなく、意を決して行動したからこそ、恐怖心や羞恥心、不安や怠情がなくなっていくようです。

私も日々、心がけていることがあります。

それは“恐いと思うことを今すぐやってみること”、“恥ずかしい思いをたくさんすること”、“より多くの人たちに断られること”です。

徐々にではなく、今すぐ行動する習慣を身につけること・・・、これこそが最高の結果を得るための最大の秘訣だと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ペットを預かる

坂本光司氏(経営学者)に学ぶビジネスを輝かせるためのヒント・・・

東京都町田市とその周辺は人口急増地域ということもあって、大手家電量販店の進出が相次いだ時期がある。

しかし、「この町ではとてもかなわない」と言ったかどうかは知らないが、それら量販店の半分は撤退したという。

その原因は、大手同士の激戦もさることながら、地元のY電気店の存在が大きいと思われる。

電気店は、大手家電量販店が進出してくるまでは、どこにでもある普通の電気屋さんだったが、「このままではジリ貧になる」と危機意識を持ち、Y社長を中心に改革に取り組んだ。

その一つを紹介する。

それは、それまでの不特定多数の顧客を特定多数・特定少数の顧客に絞り込み、顧客満足度の高い顧客密着型の販売サ-ビスに転換したことにある。

より具体的に言えば、それまで三万世帯あったデ-タベ-スを、高齢者単身世帯、高齢者夫婦世帯を中心に一万世帯に絞り込み、店頭販売中心から訪問販売中心に切り替えたのだ。

もとより手ぶらで訪問販売に出向いたところで見込みは薄いので、売らんがためではない文化誌、情報誌としての「かわら版」を作成し、それを配達しながらの、御用聞きビジネスを行ったのだ。

こうした御用聞きビジネスを繰り返すうち、高齢者世帯におけるY電気店への評価は次第に高まった。

やがて、店員が訪問すると、まるで自分の息子、娘のように、「いい時に来てくれた。申し訳ないが雨戸の締まりが悪くて・・・」とか、「冷蔵庫の場所を動かしてほしい」、あるいは「家具を修理してくれないか」といった相談や手伝いを依頼する高齢者が次第に増加していったのだという。

そして、「次はお宅で電化製品を買わせてもらう」という言葉どおり、家電量販店と比較すれば間違いなく値段や品揃えは不利なのにもかかわらず、あえてY電気店を選んでくれるようになった。

また、こんな話もある。

ある老夫婦だけのお宅で、二人共が入院しなければならない病気にかかってしまった。

二人は「家族のように可愛がっている犬を残しては行けない」と、かたくなに入院を拒んでいたという。

それを知ったY電気の担当者は、彼らに、「入院して一日も早く病気を治してください。その間、私がずっと犬の面倒を見ますから」と言ったそうだ。

その老夫婦は、「あなたなら安心です」と数日後、入院した。

彼らがその後、電気店の上得意になったことは言うまでもない。

(私の心に響いたサ-ビス/同友館)

仕事において大切な考え方があります。

それは「どうしたら儲かるかではなく、どうしたら喜んでもらえるか」・・・。

もちろん事業を円滑に運営していく上で儲けることは必要です。

しかしそれは結果で、その儲けるという結果ばかりに意識を向け過ぎると、大切なことを見失ってしまいます。

いつのまにか自分の利益のみに走るようになり、損得でしか物事を考えないようになってしまう・・・。

その結果、いつまでたっても儲けることが出来ないばかりか、事業を頓挫させることになってしまいます。

商売がうまくいくか、いかないかは結局やってみなければわかりません。

しかし、うまくいかせるために「誰に」「どうしたら喜んでもらえるか」を徹底する努力は怠らないようにしたいものです。

幅広い層の人たちにファンになっていただくことももちろん素晴らしいことだと思います。

しかし中小は、出来るだけ「誰に」を明確に絞り切り、その対象の人たちのみに徹底したサ-ビスをしていった方が良いようです。

これからは先行き不透明な時代ですが「商人とはどんな時代になっても儲けることが仕事」・・・、この気概だけは忘れないようにしたいものです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

常に「当事者意識」を持つこと

山元賢治氏(伝説の元アップル・ジャパン社長)に学ぶビジネスを輝かせるためのヒント・・・

これから世界へ出て世界と戦う若者には、日本人であるアイデンティティを強く持って、representativeという意識、つまり国を代表している意識や会社を代表している意識を持ってもらいたいと思います。

気に食わないところがあるのなら、自ら変えていくべきです。

自分の考えを持って、自分の意志で活動していることを宣言してください。

今、日本は政治や経済において、かなり危機的な状況になってきていることは事実ですが、岐路に立たされている日本を復活させるためにも、我々はもう他人任せにしていてはダメなのです。

そのためにも、誰もが日本の代表者という当事者意識を常に持つようにすべきです。

国を代表しているというのが大きすぎるなら、身近なところからでも意識は変えられます。

東京に住んでいるなら東京の代表として生活し、地方から上京しているなら地方の代表という意識を持つようにしてください。

外で会社の悪口や家族の悪口を言うなんていうのは、もってのほかです。

自分こそがマネ-ジャ-だ、○○家の代表だという意識と責任を持って生きていきましょう。

すべては自分とつながっているという意識を持って、自分で判断し、責任もとる覚悟を持つこそが、グロ-バル時代には何より必要なのです。

(「これからの世界」で働く君たちへ/ダイヤモンド社

仕事において“自分は会社を代表しているのだ”という意識を持って仕事に臨んでいる人はどのくらいいるでしょう。

きっととても少ないことでしょう。

やはり昨今の企業の不祥事というものは、会社の全社員に“自分は会社の代表である”という意識が欠如してしまった結果なのかもしれません。

“自分は会社の代表である”という考え方を受け入れると、おのずと責任感が増し、当事者意識を持てるようになります。

問題を見て見ぬふりをしなくなります。

さらに自分の部署がその他の部署とどのような関りがあるのかを調べ、そして今自分が本当にやらなければならない仕事が見えてくることでしょう。

そうです。

“自分は会社の代表である”という考え方を受け入れると、一番大切なことを見失わないようになるのです。

これからの時代、“自分は会社の代表である”という意識も必要ですが、それだけではなく、一家の代表者として、また自分が住んでいる地域の代表者として、さらには日本の代表者としての意識も常に持ち続けていきたいものです。

このような意識を持つ人がまた一人またひとりと出てくることによって、確実に世の中は良くなっていくことでしょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。